Entries

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    -->

    -件のコメント

    コメントの投稿

    新規
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    -件のトラックバック

    トラックバックURL
    http://iphonejp.blog123.fc2.com/tb.php/5-7f2f3511
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

    いわゆる裏アクティベーションで、1.1.1にするには

    確認ですが、現在正規にAT&TのSIMを使っている方は、普通にiTunesのアップデートで、アップできます。また、プリペイドSIMに変更したものや、即解約等のSIMも、ほぼ大丈夫だという情報です。

    問題は、SIM無しで、よぉは電話の使えない地域で持っているぜ、な人です。

    もし、iTunesでアップしてしまった場合、ロックされてしまって、解除のやりようがありません。
    ので、まず、ここから。


    揃えるファイル
     1)iPhone1.0.2のファームウェア DLの人はこちら
      すでに、iTunesで1.0.2の復元をおこなったことがある、という人なら、ぢつわ、1.0.2のリストアファイルが、/Users/YourHome/Library/iTunes/iPhone Software Updates/
    に、iPhone1,1_1.0.2_1C28_Restore.ipsw というファイルがある可能性があります。これが、圧縮ファイルです。
     この圧縮状態のモノも使いますので、ダウンロードして勝手に解凍されるような場合は、ゴミ箱から、回収しておいてください。

     2)↑の圧縮ファイルを解凍。フォルダの中に“009-7698-4.dmg”などというファイルが見えていればOK。
    先ほどのファイルで、.ipswの後ろに、.zipと付けると、zipファイルになって、ダブルクリックで解凍することができます。

     3)iNdependence.app を入手する。

    ここから手順です---私は、iNdependence 1.2.3の時点でおこないました。
     4)まず、iPhoneをMac本体へ、USBで接続します。

     5)iNdependence.appを起動して、Firmwareタブの中にある、Enter DFU Mode をクリック。Success が出ればOK。これで、よぉは強制リカバリーになります。一旦、iNdependenceを終了させます。(場合によっては、Home + Sleepを長押しして、そのまま押し続けて、強制電源オフにしておいて、Sleepのみ離して、iTunesが起動しているところへ、iPhoneをつなげろ、という手順を紹介しているところもありますが、この手順は、あくまでも、手動復元させる場合、です。まだ、1.0.2であって、ひとまず復元すれば良い、という場合にのみ、この手法を使います。それ以外の1.1.1へアップしてしまった場合などには、必ず、iNdependenceのDFU Modeを利用しましょう。)

     6)iTunesを起動させると、リカバリーの必要なiPhoneが見つかりました、というようなメッセージが出ます。

     7)optionキーを押しながら 復元 ボタンをクリックすると、復元するFarmwareを選択する事が出来ます。先ほどDLした1.0.2のFarmware(拡張子が.ipswや、.zipにしたモノでも可)を選択します。

     8)時間がかかりますので、ノート型などを使っている時は、スクリーンセイバーや、スリープにならないようにしておく方が、良いかもしれません。

     9)復元完了時に、エラーで復元できませんでした というアラートが出ますが、この時、アラートの末尾番号が、(1013) になっていれば、1.0.2へ戻っています。合わせて、iPhoneの画面は、三角の黄色いアラートアイコンが出ていれば、OKです。
      もし、同じ復元できません、のアラートでも、末尾番号が(1)などの場合は、1.0.2への復元自体が失敗しているので、再度、5) からやり直してください。

    アクティベーション解除です---
     10)iTunesを終了させてから、一度iPhoneのUSBコネクタを外し、再度接続したうえで、iNdependenceを起動。
      Activation のタブ下にある、Activate Phone をクリックすると、Unzipしたフォルダを指定するよう、アラートと共に、選択画面が降りてきます。
      2)で解凍したフォルダを指定します。牢獄画像がしばらく出ていて、Success となればOKです。これで、ロック解除のスライドを動かせば、とりあえず使えるiPhoneになりました。

    Jailbreakします---
     11)念のため、一旦iNdependenceを終了させ、iPhoneのUSB接続を外します。そして、再度iPhoneを接続し、iNdependenceを起動。
      今度は、左から2つ目、Jailbreak タブ下、Perform Jailbreak をクリックします。今度も、UnzipしたFarmware1.0.2フォルダを指定、とのアラートが出るので、2)で解凍したフォルダを指定します。Success になったら、OKです。

     12)次に移る時も、iNdependenceを終了、iPhoneを外して、再度接続。iNdependenceを起動、をおこなってください。
      左から3つ目、SSH タブ下の、Install SSH/SFTP/SCP をクリックします。
      Home + Sleepを押し続けて、電源オフにする、というガイドが出るので、その通りにして、スライドで電源を切ります。2, 3秒して、Sleepを、少し長めに押して、電源オンにします。
      この、電源オフ/オンが、2回出ます。どちらも、スライドで電源を切り、Sleepで電源オンにします。
      ともに、ロック解除はしてもしなくても、どちらでもOKです。
      Success になればOKです。これで、SSHでのアクセスが可能になった、ハズです。

     13)iPhoneを、自分の無線LANへ接続させます。Settings>Wi-Fi を選択し、
    を選び、無線LANへ接続します。その接続先名称の右側にある、青い > ボタンをタップすると、IPアドレスが確認できます。
      念のため、この画面のままにして、接続状態にしておきます。
      ターミナルで、ssh root -l iPhoneのIP と入力し、Passwordを聞いてくるので、dottie と入力して、アクセス可能であれば、OKです。

     14)今度も、iNdependenceを終了、iPhoneのUSBを外し、再接続。iNdependenceの起動、をおこないます。
      iNdependenceの、Firmware タブで、アクティブになっている、Pre 1.1.1 Upgrade をクリックすると、IPアドレスとRoot Passwordを入力するシートが降りてきます。iPhoneのIPアドレスを入力してください。
    なお、この時点、1.0.2時のRoot Passwordは dottie です。
    あと、この時に、ガイドウィンドウに、iTunesを起動するよう出ている場合は、iTunesを起動させてから、iPhoneの登録や、以前の設定復元をおこなってから、再度iPhoneを接続して、アップデート/復元 ボタンが出現する状態にしてから作業してください。また、この時点で、Settings>General にある、Auto-Lockを、Never に設定しておきましょう。

     15)OK をクリックし、Successが出ればOKです。もし、ここで何かエラーを吐く場合は、SSHのインストールが、うまくいっていなかったり、そもそも1.0.2へ、うまく復元できていない可能性があります。

     16)iNdependenceを終了させて、iTunesの、アップデート をクリックし、1.1.1にアップデートします。

     17)アップデートが終わったら、iTunesを終了させて、iPhoneのUSBを外し、再度接続してから、iNdependeceを起動。

     18)もう一度、Activation タブ下の、Activate Phone を押します。途中で、電源オフ/オンが、指示画面に出るので、12)の時と同じく、電源はスライドでオフにして、Sleepでオン、とします。Success が出ればOKです。

     19)おそらく、iNdependence1.2.3以降は、これで完了し、Jailbreakまで一気に完了します。

    勝手アプリを入れる方は---
     20)AppTappをダウンロードします。

     21)AppTapp Installer.app が解凍されれば、右クリック、もしくはctrl + クリック で、パッケージの内容を表示 にして、中を開けます。Contents/Resources/ にある、Installer.app をデスクトップ等へコピーします。

     22)SFTPモードが使えるFTPソフトで、iPhoneに接続(IPは、13)の方法で確認して、User ; root, Pass ; alpine)し、/Applications/ フォルダにInstaller.appをアップロードします。
      アップしたInstaller.appは、パーミッションを775に設定。ソフトによっては、以下の階層へも摘要、というのがあるので、それを摘要します。

     23)iPhoneの電源をオフにして、オンにしたら、画面にInstaller が出現しているハズです。あとは、AppTappで、お好きなソフトをインストールしてください。



    なお、私も参照させていただきました。
    Boob's Weblog with iPhone
    Kelly's Personal Island
    iPhone FAN(仮)
    スポンサーサイト
    -->

    0件のコメント

    コメントの投稿

    新規
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    0件のトラックバック

    トラックバックURL
    http://iphonejp.blog123.fc2.com/tb.php/5-7f2f3511
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

    SIM Free iPhoneまとめ


    Tweet


    iPhone-jp.Infoの価値は\91,952.37

    Appendix

    プロフィール

    綾.月又.稀

    Author:綾.月又.稀
    iPhoneGSMをiOS3.1.3JailBreak, iPhone3GをiOS4.2.1JailBreak, iPhone3GSは5, iPhone4(AT&T)は4.3.3JailBreak, iPhone4(SBM)は7GM, iPhone4S(SBM)は交換修理で5に戻ってしまいそのまま、iPhone5, iPhone5s, iPhone5cは、7で使っています。
    今後は、ここのBlogは、一般的に広める場所として書きつつ、iPhoneユーザには、iPhone Users SNSを提供しております。

    最近の記事

    最近のトラックバック

    QRコード

    携帯でのご利用に
    QR
    ご活用ください。

    ブログ内検索

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。